Wordで作成!イベントポスターのデザインのコツを3つだけ

この記事では、イベントを告知するためのポスターのデザインについて説明します。

デザインのコツを3つに絞ってお伝えします!

「職場のパソコンに、ポスターを作成できるソフトがWordしか無い…」

そんな方でも大丈夫。3つのコツに気を付けるだけでポスターのデザインが見違えます。

 

例1

まず、こちらのポスターをご覧ください。

もしも【「折り染め」を科学実験教室でやってみよう!】のポスターがあったら…と想定して作成しました。

こういったデザインのポスターはよく見かけますか?

知りたい情報はわかりやすく伝わってきますか?

行ってみたいなという気持ちになるでしょうか?

 

例2

つづいて、こちらのポスターをご覧ください。

例1のポスターと同じく、Wordで作成したものです。

 

例1と例2を比較してみる

いかがでしょうか。

それぞれのポスターからは、ずいぶんと違った印象を受けますよね。

たった3つのコツに気を付けただけでこんなに変わるんです。

それでは順番に説明していきます。

 

Wordでポスターをデザインするコツ1「配色にこだわろう」

Wordでポスターをデザインするコツのひとつめは、「配色にこだわること」。

デフォルトで選択できるカラーの中から選ぶのではなく、配色サイトなどでポスターの完成イメージに近い色の組み合わせを探します。

多くのサイトでは色を表すのに、「#○○○○○○」といった16進数カラーコードが用いられていると思います。

ところがWordではRGBという、(R=○○、G=○○、B=○○)といった色の表し方をします。

そこで、カラーコード変換ツール(オンライン上でコードを入力すると変換した値を出してくれるサイトがあります。)で、カラーコードをRGBに変換します。

これで、Wordでデフォルトで選択できるカラー以外にも使えるようになります。

 

Wordでポスターをデザインするコツ2「配置にこだわろう」

Wordでポスターをデザインするコツのふたつめは、「配置にこだわること」。

ポスターを見た人に一緒に読み取ってほしい情報は近くにまとめて配置します。

また、強調したい情報はフォントサイズを周りより少し大きくします。

 

Wordでポスターをデザインするコツ3「フォントはゴシック体かメイリオ」

Wordでポスターをデザインするコツの3つめは、「フォントはゴシック体かメイリオを使うこと」。

イベント名などはゴシック体、少し長い説明文などの文章はメイリオを使うといいです。

行間の設定にも気を付けましょう。

 

この3つのポイントを守るだけで、ずいぶんと見やすいポスターに仕上がります。

 

3つのコツに気を付けて、Wordでワクワクするイベントポスターをデザインしよう

それではおさらいです。

Wordでイベントポスターをデザインするコツ3つ

  1. 配色にこだわろう
  2. 配置にこだわろう
  3. フォントはゴシック体かメイリオ

ぜひ、Wordを使いこなしてワクワクするようなイベントポスターをデザインしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください