[保冷剤DIY]芳香剤の作り方アイディア

保冷剤DIYで芳香剤を作ることができるのをご存知でしたか?

この記事では、ご家庭で余っている保冷剤を活用した芳香剤づくりのアイディアをご紹介します!

 

[保冷剤DIY]芳香剤づくりの材料

材料

・保冷剤(解凍しておく)
・好きな容器
・絵の具
・デコレーション材料(ビーズやネイル素材など)

今回、保冷剤を入れる容器として、100均でストロー付きのプラスチックカップを見つけたので使うことにしてみました。

また、絵の具はアクリル絵の具を使ってみます。

 

[保冷剤DIY]芳香剤の作り方

①容器に保冷剤を入れる

容器の外にこぼれないように、保冷剤を入れていきます。

 

②絵の具で色付けする

今回はアクリル絵の具の赤と白を使いました。

スプーンなどでよくかき混ぜます。

思っていたよりしっかりと色がつきました。

 

③ネイル素材などを加える

今回はネイル用のホログラムを混ぜました。

 

④お好みで保冷剤を追加する

追加した保冷剤は色付けせず、透明のままにしてみます。

スプーンを使って平らにならします。

追加した保冷剤にもネイル用ホログラムを使いました。

 

➄ビーズを保冷剤に埋め込む

予想よりも保冷剤に粘度があったので、スプーンの柄を使い埋め込みました。

 

⑥アロマオイルを垂らして完成

デコレーションが終わったら、アロマオイルを垂らします。

カップにフタをし、ストローをさして完成です!

 

[保冷剤DIY]芳香剤づくりのアイディア

アイディア
・容器を工夫する
・色付けやデコレーションを工夫する

今回はストロー付きのプラスチックカップを使いましたが、他にもお気に入りの容器を探して試してみてはいかがでしょうか。

ネイル素材はホログラムを使いましたが、保冷剤に混ぜ込むとあまり目立たなかったので、グリッターやラメパウダーのようなものの方がキラキラを楽しめるかもしれません。

 

[保冷剤DIY]芳香剤づくりをキカクするなら…

保冷剤の扱いは小さな子供には少し難しいかもしれません。

飲み込んだり、手に付いたものをなめたりしてしまわないよう配慮しなければなりません。

また、ネイル素材もについても非常に細かいパーツになりますので、こちらも小さな子供が扱うには少し心配です。

そのため、ある程度学年が上の高学年くらいからを対象にしてみるといいかもしれません。

対象を大人に限定し、「大人の科学工作教室」として企画してみてもいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください